学び

cool as a cucumber キュウリのように冷たい人?

とあるサッカー記事を読んでいたら、すんごく面白い表現に出会ってしまった。

It was cool as a cucumber

それはキュウリのように冷たかった。

どういうこと笑

これは、リヴァプールからサウサンプトンにローン移籍した南野拓実選手がチェルシー相手に決めたゴールに対するもの。

調べてみると、やはり面白かった!

cool as a cucumber

まずcucumberというのは”キュウリ”です。

そう、あの野菜のね。

キュウリのように冷たい?冷静?かっこいい?

この表現を知らなかったら、よくわかりません。

結論を言ってしまうとCool as a cucumberは

とても落ち着いている

という意味だそうです。

これなら、先程の南野選手のゴールもとても落ち着いたゴールと訳せるので、納得です。あのフェイントを入れたゴールは本当に落ち着いていた…

キュウリのような冷静なゴールはこちら

なんでキュウリ(cucumber)?

では、そもそもなぜキュウリなのか。

それは温度計が発明された時、きゅうりの中の温度が外気温よりも6-7度低かったことから、このような表現が生まれたんだとか…

周囲よりも冷たい。そこからとても冷静である、落ち着いていると。

なぜそんなことを調べたのだろうか。

どなたか、ここら辺の事情を知っている方がいたら教えてください。

他にも見つけた面白い表現

きゅうりのことをずっと調べていると、面白い表現がたくさん出てきました。

ぜひ皆さんにも知ってもらいたい笑

Apple-polish 

”りんご磨き”

そう、これをすると日本ではこう言われます。

「あ、ゴマすってるよ」

なぜこのような意味になったのかというと

昔、1日1個のリンゴが医者を遠ざけると言われていました。

米国の子どもが先生に気に入られるためにピカピカに磨いたリンゴを贈っていた風習からだそう。

それにしても、映画観ると向こうの学生ってみんなリンゴかじってるよね。

couch potato

ソファーのジャガイモ

ソファーにジャガイモがあるわけではありません。そのポテトとはあなたのことかも。

couch potato怠け者という意味になります。

ソファーの上でゴロゴロ転がっているジャガイモ。

それはソファーの上でゴロゴロ転がっている人を想像すれば怠けている人という意味にも納得できるのではないでしょうか。

ソファーの上でゴロゴロしながらこの文章を書いている私はジャガイモなのだろうか。

おわりに

調べてみると、いろんな表現があってとても面白い。

日本語にも多くの面白い表現があるし、これを機会に調べてみると新しい発見があるかも。

まだまだ世界には面白いことが転がってるね。

ではまた。

ABOUT ME
ビー玉
ちょっとしたことで、世界はもっとカラフルにみえてくる。 そんな日々の出来事や学びを発信していきたいと思っております。 普段はこども関係のお仕事をしています。