学び

結婚相手を選ぶときは薪の積み方をみよ

結婚相手を選ぶとき、皆さんはどんなところを意識するだろうか。

収入、見た目、性格、価値観などなど人によって様々だと思う。

今回紹介したいのは、薪の積み方で将来性を測るというものだ。

1800年代終わり、森に囲まれたアメリカ合衆国メイン州には、薪の積み方から夫としての将来性を測るという家庭の智恵があった。

薪を積んだ人の中身が薪棚にあらわれるという考えはノルウェーやスウェーデンでも広く知られているという。

それぞれの薪棚

下記のまとめは、書籍「薪を焚く」から。

  • まっすぐでがっしりとした薪棚まっすぐで、しっかりとした男性
  • 背の低い薪棚注意深いが、おそらく恥ずかしがり屋、あるいは軟弱
  • 背の高い薪棚野心的。傾いで崩れないか注意
  • 一般的ではない形自由な発想、開放的な魂。ただし構造的な弱さには注意
  • 華麗で目立つ薪棚外交的だが、おそらく気取り屋
  • 大量の薪長期展望あり、信頼に足る
  • 薪が少ないその日暮らしの生活
  • 巨大な木の薪生きることに貪欲、しかし過剰に焚く無謀なタイプの可能性あり
  • 定規で測って積んだかのような薪棚完璧主義。おそらく内向的
  • すでに崩れ落ちてきている薪棚意志が弱く、うまく優先順位をつけられない
  • 薪棚は途中までしかできておらず、薪を地面に置いたまま不安定、怠慢、大酒飲み
  • 大量の薪を地面に直置き無知、堕落している、怠慢、大酒飲み、あるいはこれら全てが当てはまる
  • 古い薪と新しい薪が入り混じった薪棚疑ったほうがよい。盗んできた薪を自宅の薪に混ぜているのかもしれない
  • 大小の薪が入り混じった薪棚節約家。大きな薪のあいだに焚き付け用の薪を混ぜ込んでいる場合は、思いやりのある人物であることを示す
  • 頑固な木のごつごつと捻くれた薪粘り強い。意思が強い。あるいは抑圧されている
  • 薪棚がない夫になる資格なし

おわりに

どうだったでしょうか?

薪は当時、寒い地域においては死活問題。薪がなければ家族は最悪、命を落とすかもしれません。

そういったことを考えると、薪からその人をみるというのは極寒地域では当たり前かもしれません。

みなさんのパートナーはどれに当てはまるのか。ぜひ参考にしてみてください笑